« 超簡単パソコン術 基本編   RSSフィードの講読方法 | トップページ | 超簡単パソコン術  インデックス »

2009.07.20

ディスクトップ画面の表示項目の説明

.

● アイコン    ファイル、プログラム、タスクを象徴する、
          小さなマーク。

● ショートカット  タスクを起動するためのソフト。
          リンクのみで構成されている。
          アイコンと同義語(代用)で使われることも多い。

● タイトルバー  Windowsのウィンドウの一番上のバー。
          タスク名や、ファイル名が書かれている。

● アドレスバー(Firefoxではナビゲーションツールバー)

  .
           - 超簡単パソコン術-
─────────────────
■□■ ディスクトップ画面の表示 ■□■
─────────────────
           (Internet Explorer7)

Desktop
画面上でクリックすると、拡大ページが開きます。

電源をオンにした後、Internet Explorerでディスクトップ画面に表示される、メニューバー、サイドバー等の説明です。

     基本的な項目です。

 マニュアルを読むときには必須の項目ですので、
 できるだけ、覚えられることをお勧めします。

● アイコン     
   ファイル、プログラム、タスクを象徴する、
   小さなマーク。


● ショートカット
   タスクを起動するためのソフト。
   リンクのみで構成されている。
   アイコンと同義語(代用)で使われることも多い。


● タイトルバー
   Windowsのウィンドウの一番上のバー。
   タスク名や、ファイル名が書かれている。


● アドレスバー(Firefoxではナビゲーションツールバー)
    ホームページのアドレス(URL)、例えば、
    http://saxxxxi.cocolog-nifty.com/等が
    表示される(入れる)バーです。


● 検索バー(ツールバー)  
          Yahoo!やグーグルで検索をするためのバーで、
    ツールバーの一種です。

● メニューバー(ツールバー)
        作業の名前(種類)が集められているバーで、
    ツールバーの一種です。


        印刷、編集、保存、、、、、、、、、等々、、、、
    
このバーにある作業名をクリックする事により
    ほとんどすべての作業を、メニューバーで
    行うことができます。


● グーグルバー(ツールバー)
    グーグルで検索するための作業が
    集められているバーで、ツールバーの一種です。


● タブ、クイックタブ
   
インデックスの一種。  
    いくつかの作業画面が重なっているときに、
    作業を選ぶために使われる。
    Internet Explorer(ヴァージョン7以降や、
         Firefox3.5.1)の場合は、タブ機能によって、
    異なったページへ迅速に移動できる。 

            

● プルダウンメニュー、プルダウン
    クリックしたときに、
    その下に現れる詳細を示した小窓。

● 入力予測   
    文字を入力するときに、全部を入れなくても、
    いくつかの候補が表示されます。


● ウィザード(Wizard)   
    入力や表示のための小さな窓。
    通常の作業用の窓(ウィンドウ)と、
    区別するときに使われる。

    本来、ウィザードは対話型のソフトのことで、
    ウェブショッピング等で、購入までに
    順次窓が開いていく過程を言いますが、
    その時に開く窓自体をウィザード
    と呼ぶことがあります。

 
● RSSフィード
    RSSフィードの講読方法を参照下さいませ。

● エクスプローラ-バー(Firefoxではサイドバー)
    お気に入り、RSSフィード、履歴、を表示する
    ためのバーで左端に縦長に表示されます。
    どの内容を表示するかを選択できます。


● お気に入り、ブックマーク
    この二つは同義語です。
    ブックマークとは、しおりを意味します。

    ホームページのアドレスを保存するときに
    「お気に入り」に入れるとか、
    「ブックマーク」する、などと言います。

● ステータスバー
    作業の進行状況を示すバーです。
    通常は、各タスクによって開かれた、
    ウィンドウの一番下にあります。

● スクロールバー
     スクロールとは、画面をゆっくりと、
     上下に動かすことを言います。

     画面が、表示内容より小さいとき、
     あるいは、故意に画面を小さくすると、
     画面の右端と、最下行に自動的に
     現れます。
     バーをクリックしたまま引きずる
こと
     (ドラッグ)により、画面を上下左右に
     動かすことができます。

● タスクトレイ、タスクバー
     Windowsの画面の最下欄にあります。
     〔スタート〕、クィック起動のアイコン、
     起動されているタスク名、言語バー、
          通知領域等が配置されています。

● IME、IME入力バー、言語バー
     ATOK、Microsoft IME、Japanist,等の
           文字入力ソフトの状況を示すバーです。

● 通知領域
         
最下欄・最右にあります。

     OSの起動管理下にあるタスクのアイコンや、
     日付、時間表示、音量・音質コントロールの
     アイコン等が配置されています。

     アップデートの通知や、メール受信の通知が
     この領域のアイコンでされるため、このように
     呼ばれています。

  
  

以上の項目が次の画面で表示されます。
画面上でクリックすると、拡大ページが開きます。
Desktop

       トップページへ 

  .

.

|

« 超簡単パソコン術 基本編   RSSフィードの講読方法 | トップページ | 超簡単パソコン術  インデックス »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/321530/30629275

この記事へのトラックバック一覧です: ディスクトップ画面の表示項目の説明:

« 超簡単パソコン術 基本編   RSSフィードの講読方法 | トップページ | 超簡単パソコン術  インデックス »